悩めるオープンイノベーション

社内でオープンイノベーションの重要性を説いていたら、「じゃーお前がやれ」と言われて試行錯誤しながら進めている中堅社員のブログ

関西メーカーの取り組み

一番初めの記事(http://open-innovation.hateblo.jp/entry/2017/03/05/161102)で、オープンイノベーションという単語自体は結構前からあるのに、その定義について改めて各社さんが最近周知しているということを書きました。

 

それと同じことかもしれませんが、各社さんオープンイノベーションセンターを作っているのもここ最近ですね。残念ながらうちの会社はまだですw

 

特に西日本のメーカーは活発にやっているような気がします。

 

うーん、そうそうたるところが動いてますね。私もダイキンさんのセンターに行ったことがあるのですが、入り口入って左手の階段に圧倒されてしまいましたw

 

日本企業にありがちなのはいわゆる箱物から入ってしまって実際は中身が全くない(うまく回っていない)ことが多いですが、ダイキンさんのセンターは半年で1万人が来て、アイデアがすごい集まっているという話を聞きますし、村田製作所さんは担当者のUさんがいろいろ仕掛けていることで有名ですし、非常にうまく回しているという印象があります。

 

村田製作所やGEに続け 「オープン」開発で成果 :日本経済新聞

 

各社がなぜどのようなフェーズでオープンイノベーションをやろうとしているのか明確化していることも大事なポイントですね。新規事業創出なのか、研究開発の加速化なのか。私は両方のフェーズで使えると思ってますので、両方に手を出しておりますが、上はなかなか納得してくれませんw

 

それぞれのフェーズで仲介業もすみわけができているのが面白いですね。新規事業創出だったらゼロワンブースターさん、crewwさん、トーマツベンチャーサポートなど、後者の研究開発の加速化だったらナインシグマさんなど。前回紹介したリバネスさんのL-RADは両方に使えそうな感じがしてます。